外湯巡りと街歩きが楽しい城崎温泉の夜 吉方位旅行記③

こんにちは、こうたです。

 

吉方位旅行の記録の3回目になります。過去の記事はこちらになりますのでよかったらこちらからご覧ください。

 

www.kotamurai.com

 

 

www.kotamurai.com

 

 

 

城崎温泉の本日の宿へ

 

天橋立、伊根の舟屋と楽しんで、伊根町を出発したのが14時くらいです。そこからおよそ65kmくらい離れた城崎温泉に向かいました。予約してある宿の食事の時間が18時からで、その前に温泉につかりたいと思っていたので少し早めに伊根町をでました。

 

およそ2時間で16時くらいに本日お世話になる城崎温泉の宿に到着しました。

お世話になった宿はお宿「白山」さんです。

お宿 白山

 

f:id:kota_uni:20170921170153j:plain

THE 旅館って感じの佇まいですよね。

 

チェックインしてさっそく宿の内湯に入って弾丸ツアーになってしまった初日の疲れをいやしました。城崎温泉街は、街全体で大きなお風呂は外で楽しんでもらうっていう取り決めがあるみたいで、宿に備えられたお風呂は大きさが制限されているみたいです。これは城崎温泉のどの宿に泊まっても同じことです。(厳密には温泉をひいてなければ大浴場を作ってもいいみたいですが)

 

せっかく温泉にきているんだから温泉を楽しみたいですよね。白山さんの内湯は温泉を引いているのでそんなに大きなお風呂ではありませんでした。でも5種類の内湯は2,3人で入るには十分な広さがありますし、貸し切りで使うことができるので彼女とゆったりと浸かることができました。

 

お風呂に入ってさっぱりした後は(僕的には)お待ちかねの夕食です。この食事なんですが、ボリュームがすごかったです。もちろんどれもすごくおいしかったですよ!品数がたくさんありすぎて引きの写真だとごちゃごちゃしすぎて何があるかわかんないくらいありました。いくつか画像で紹介させてください。

 

f:id:kota_uni:20170921173902j:plain

 

活あわびのおどり焼き

 

 

f:id:kota_uni:20170921174008j:plain

f:id:kota_uni:20170921174030j:plain

但馬牛のすき焼き

 

f:id:kota_uni:20170921174109j:plain

但馬牛のステーキ

 

但馬牛というのは、神戸牛や松坂牛みたいなブランド和牛の元になった牛なんですって!ほどよく脂もあって甘みもあってめちゃくちゃおいしかったです。

 

料理はほかにもサラダ、前菜、お刺身、てんぷら、おそば、ご飯とお吸い物、デザートにプリンまでついていました。

 

 

この旅行で3泊したんですが、予算の兼ね合いもあってあとの2日はビジネスホテルに泊まったんです。だけどせっかくの温泉地なので奮発していいところに泊まろうってことでここにしました。

 

 

ですが!

「白山」さんは城崎温泉の宿の中ではむしろお値打ちなほうな宿だったと思います。

あぁ、せっかくの旅行なのにお金のことがちらつく…まあ、決めた予算の中で楽しむのは大事ですよね!

 

お値打ちな価格でしたが、だからといってサービスや料理が悪かったかっていうとそんなことはありませんでした。むしろこのお値段でここまでしてもらっていいんですか?ってくらいのものを提供してくださったと思います。お部屋やお風呂もきれいでしたし、自分としては大満足の宿でした。

 

 

夕食の後は外湯巡りと街歩き

前述のとおり城崎温泉の宿には大きなお風呂がありません。温泉街には7つの外湯があって、大きなお風呂はそちらで楽しむことになります。城崎温泉のほぼすべての宿で、チェックアウトまで使える無料券を宿泊客に配布しています。

 

宿の浴衣を着て、下駄をはいて街を歩き、外湯をめぐるのが城崎温泉の楽しみ方です。

 

僕たちも夕食後にさっそく夜の城崎温泉街にくりだしました。

 

 

温泉街の街並み

f:id:kota_uni:20170921193925j:plain

街の真ん中に川が流れています。

 

 

f:id:kota_uni:20170921194136j:plain

 

 

ちょっとなつかしい感じのする情緒ある街並みですよね

 

 

f:id:kota_uni:20170921194810j:plain

これ、何のお店だと思います?ゲームセンターなんですよ!

 

f:id:kota_uni:20170921195101j:plain

射的とピンボールと、パチンコ台がありました。時間が止まっているようなノスタルジックな空間でした。

 

 

 

城崎温泉の外湯

温泉街にはそれぞれ特長が違う7つの外湯があります。僕が行った時は残念ながら城崎温泉駅の目の前にあるさとの湯が改装工事中でお休みだったのですが、ほかの外湯は全部回ってきました。

f:id:kota_uni:20170921202425j:plain

柳湯 外湯の中で一番お湯の温度が高いみたいです。

 

f:id:kota_uni:20170921202459j:plain

御所の湯 外湯の中で一番新しいところです。三段の滝が見られる露天風呂が気持ちよかったです。

 

f:id:kota_uni:20170921202839j:plain

鴻の湯 源泉近くで一番古くからあります。日本庭園を見ながらの露天風呂がありました。

 

 

f:id:kota_uni:20170921203017j:plain

まんだら湯 室内のお風呂と檜の小さめの露天風呂がありました。小さすぎて人がいたので入れず。でも少人数でのんびり入るにはいいお風呂だと思いました。

 

夜はこの4つのお湯を回りました。

 

 

一晩泊まって早起きして残りのお湯も回ってきました。朝7時からやっている外湯があるのも城崎温泉の魅力です。朝7時の営業時間と同時に入った一番最初のお客さんに、一番札というものが配られます。これ地味に狙っていたんですけど残念ながらもらえずです。早い人は5時半くらいから待っていたみたいです。

 

 

f:id:kota_uni:20170921203705j:plain

さとの湯 残念ながら改装中で入れず

 

 

f:id:kota_uni:20170921203748j:plain

一の湯 岩を削って作った洞窟風呂があります。

 

 

f:id:kota_uni:20170921203906j:plain

地蔵湯 シンプルな屋内風呂だけでしたが、風情がありました。

 

 

城崎温泉は結構温度が高めのお湯で、正直ゆっくり浸かるにはあまり適してないかもしれません。ですが短い時間浸かって、いくつも回るのにはちょうどいいなと思いました。どこの温泉もたくさんの人があふれていて活気がある温泉街だなと思いました。

 

 

 

 

チェックアウト後ものんびり街歩き

小雨が降る中、午前9時くらいにチェックアウトして再び温泉街を歩きました。

 

 

f:id:kota_uni:20170921204805j:plain

夜の写真と同じ場所で撮影。朝は朝で雰囲気があります。

 

f:id:kota_uni:20170921204932j:plain

 

 

街の一番奥にある源泉。近くにあるジェラート屋さんで卵が売っているので温泉卵を作ることもできます。

 

ほかにもお土産を見てまわったり気になるお店に入ってみたりして、午前中のんびりと街を歩いて城崎温泉を後にしました。

 

とても情緒と活気のある、素敵な温泉街でした。是非また行きたいと思いました。

 

 

 

おわりに

前回の記事で、竹田城→天橋立→城崎温泉は弾丸すぎるってコメントをいただきました。我ながら本当にそう思います。もっとゆったりした旅行になるはずだったのに…これもすべて台風の予報のせいです。

 

この旅行記、今日で3回目ですけどまだ初日と2日目の朝の話ですからね

 

でも次回からはもうちょっとさらっと紹介できると思います。

 

 

それではー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました