DIYでタンスを自作してみました(きっかけ、設計編)

こんにちは、こうたです。

 

我が家には小さな暴れん坊がいるんですよ。

猫のうにちゃんです。

 

 

うにがかわいいって記事はこちらになります

www.kotamurai.com

 

 

 

もうね、こいつがかわいいんですよ。

かわいいかわいいばっかりで甘やかしてしまって躾とかほとんどしなかったんです。

だからね、

 

 

本当に暴れん坊だし本当にいたずらっ子です。

 

 

我が家の家具はうにによって壊滅的な被害を受けております。

それがこちらです

 

 

f:id:kota_uni:20181001232633j:plain

 

これ、なにかわかります?一応洋服をかけるワードローブなんですよ。

 

 

いや、ワードローブだったものなんですよ。

 

 

こんな状態になるまで2年かかりませんでした。

まあ、こんな状態になるまで放っておくなよって感じですよねー。

 

というわけでこれを新しくすることを決意しました。

でも普通に同じようなものを買ってもどうせぶっ壊されてしまうのは

目に見えています。

それならば木製のタンスにしようかと思うんですが、

そうなってくると気軽に買えるようなお値段ではなくなって

しまいます。

 

パイプハンガーとかスチールラックみたいなものは

家に置きたくないしなあとかぐだぐだ考えてしまって

なかなかどうするか決められませんでした。

 

 

なのでいっそ自作してみることにした

だからって自作してみるって結構飛躍してますよね(笑)

一応どうして自作しようと思ったかというと

 

 プラスチックの引き出しケースをいただいた

自作を決意する少し前に、プラスチックの衣装ケースをいただいたんですよ。

 

こんなやつです

 

これ、いただいたはいいけどうちの押し入れにはサイズが合わないなぁと

思っていたんです。なので洋服かけを新調する時には、この衣装ケースがぴったり

納まるものがいいなぁと思っていました。

 

 

 

できればそこまでコストをかけたくない

これはね、どうせ買い替えてもうにの遊び場になることは間違いないので、

高くていいものを買ってもしょうがないなぁというのはあるんですよ。

なので仮にうにに壊されてしまってもあきらめがつくくらいの予算で

考えていました。

 

 

DIYに興味があった

テレビで、芸能人のヒロミさんがお宅リフォームみたいなことを

やっていらっしゃるのを見て、いいなあこういうことやってみたいよなぁ

という憧れがあって、今回の自作の前にもいくつか作ってみていたんです。

 

それがこちら

f:id:kota_uni:20181002001827j:plain

第一作目、押し入れの中に洋服かけを作りました。

 

 

f:id:kota_uni:20181002001915j:plain

第二作目、第一作の時の余った木を使って作ったシューズラックです

 

 

正直クオリティは大したことないんですが、自作するのって楽しい!

頑張ったら大きい家具作れるんじゃね?みたいに思ってしまったんです。

 

 

 

 

これらの理由や、ブログのネタになるなって下心から、

タンスを自作してみることにしました!

 

 

まあ、ブログのネタになるなって
自作してからこうやって実際に
記事になるまでおよそ
8ヶ月かかってるんですけどね(汗)

(タンスを作ったのは2月のことなんです…) 

 

 

 

あ、前回の記事からおよそ1年です、どうもお久しぶりです

 

 

まずは構想、設計 

自作するにあたってやはり大事なのは設計ですよね。

今回作るタンスに盛り込みたいものは、

 

1,いただいた衣装ケースがきれいに納まる

2,洋服がたっぷりかけられる

3,今まで使っていたものと同じような構造にしたい

4,仮に引っ越しすることがあったとき持ち運べるようにしたい

5,木製で丈夫なものにしたい

 

です。また、ホームセンターで売っている材料で作るために、

加工とかの手間を省くためにどうしても寸法が決まってしまう部分があります。

 

具体的に言うと洋服をかける部分の横幅ですね。

ホームセンターを徘徊して、洋服をかける部分の部品はこれにしようかな

と思ったのがこちらで、

 

 

これの長さが91cmになります。正直これをカットするのは面倒なので必然的に洋服を

かける部分の幅は91cmということになります。

 

ほかにも、ホームセンターで売っている木材は長さが182cmのものが多いので、

高さも182cmにしちゃうことにしました。

 

洋服をかける部分の横幅が91cmで、高さが182cmと、

なんとなくサイズが決まってきました。

いただいた衣装ケースの奥行きが53cmだったので、奥行きは53cmということに

しました。

 

サイズが決まってきて、購入する木の厚みなどを計算して作成した

設計図がこちらになります。

 

 

 

 

 

f:id:kota_uni:20181002010252j:plain

f:id:kota_uni:20181002010322j:plain

 

 

 

まさかのフリーハンド(笑)

 

 

こんなんで本当にうまくいくのでしょうか…

 

 

長くなってしまったので記事を分けますね。

次回はタンス作成編です。はたしてフリーハンドの適当な

設計図からどんなタンスが完成するのか、お楽しみに!

 

 

それではー。

 

 

 

続きの記事はこちらです

www.kotamurai.com

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました