アクションカメラCT-7000はコスパのいい気軽に使えるカメラだった

こんにちはーこうたです。

前回の記事でバンジージャンプに

挑戦しましたって記事を書きました。

 

www.kotamurai.com

 

この記事で、本当はアクションカメラの

紹介をしたかったんですが、バンジーの

体験だけでそこそこのボリュームに

なってしまったので、分けて作成することに

しました。

 

今回の記事では満を持して(?)購入した

アクションカメラについて書いていきます。

 

 

 

購入したのはCT-7000という廉価なアクションカメラ

 

アクションカメラといえば有名なのは

GoProですよね。でも、GoPro欲しいなと思っても

なかなか手が出ない人って結構多くないですか?

 

 

アクションカメラの迫力ある映像を見て、

自分も撮影してみたい!って思うけど

なかなかGoProを活用できる場面って

少ないと思うんですよね。

 

自転車に乗る人ですとか、

スキー、スノボをする方、ダイビングをする方など、

趣味としてこれらのことを

取り組んでいる方でないとなかなか

使う機会がないかなあと。

 

僕もバンジーを飛ぶにあたって撮影したい!

アクションカメラ欲しい!って思ったけど

最悪これ1回しか使わないんじゃね?

みたいな心配もあったんですよ。

 

さすがに1回しか使わないかもしれないものに

GoProほどのものは買えないなあと

思っていたんですが、今回購入した

このアクションカメラ、CT-7000は4000円以下で

買えてしまいます。

 

僕が勝った時はタイムセールで

3300円くらいでした。

これくらいの値段なら最悪一回きりでもいいか?

と思えたので買うことにしました。

 

 

CT-7000のスペック

CT-7000は1200万画素のアクションカメラです。

1080PフルHDで、30fpsになります。

画素数は、このサイズのカメラにしては

標準くらいでしょうか。

1080Pというのはyoutubeの高画質再生相当です。

30fpsというのは、1秒間に30コマ撮影される

ということです。

これも今youtubeなどで出回っている動画の多くが

30fpsなので、標準な性能と言っていいでしょう。

 

CT-7000は標準的な性能を備えた

アクションカメラと言えます。

 

また、HDMI端子がついているので

カメラからケーブルをつないで、

テレビで映像を見ることができます。

 

 

付属品として、防水ケース、

バッテリーが2本、microUSBのケーブルと、

自転車などに取り付けるためのステイや、

ヘルメットに貼りつけるためのアタッチメントなどが

あります。

 

基本的にアタッチメントはGoProと同じものを

使うことができるので、拡張のアタッチメントも

豊富に販売されています。

僕もこういうアタッチメントのセットを

合わせて購入しました。

 

 

実際品質ってどうなの?

安いものですし、中国製というのも

あって少し品質が心配な面もありましたが、

実際には品質も画質もお値段を考えれば

全然満足できるものです。

 

 

ていうかなにげに高性能だと思います。

CT-7000はスマートフォンにwifiで

接続することができます。接続すると

カメラのデータをスマートフォンに無線で

移すことができます。また、スマートフォンに

カメラからの映像を写すことができて、

スマホ側からリモートで撮影することができるので

自撮りにも使えますし、

f:id:kota_uni:20181005135102j:plain

こんな風に自撮り棒みたいなもので伸ばしても、

手元のスマホで映像を確認できます。

 

 

画質に関しても、前回の記事でも紹介した

バンジージャンプの動画を自宅のテレビで

見てみたんですが、大画面の視聴にも

耐えられるものでした。

 バンジージャンプに挑戦!富士バンジー20180915

 

 

4K動画は撮影できないみたいですが、

日常で使って楽しむ分には4Kでなくても

十分かと思います。

 

 

説明書がちょっと不親切かなって思ったり、

(でも直感でなんとなく操作はできるので

あまり問題はないです)

 

ちょっとマイクが弱いかな?と思うことは

ありますが、値段を考えれば

全然OKです。 

 

 

お値段なりの部分はもちろんあります。

でもこのCT-7000は間違いなくコスパのいい

アクションカメラであると言えます! 

 

 

アクションカメラの活用法をいくつか考えてみた

さて、実際CT-7000を購入してバンジージャンプで

使用しました。いい映像が撮れて満足でした。

 

ですが、せっかく購入したし、性能にも

満足したので、これからもなにかに

使えないかなと考えてみました。

僕なりに考えたアクションカメラの活用法を

いくつか紹介させてください。

 

 

ドライブレコーダーの代わりとして

まず簡単に思いつくのがこれですよね。

車載用のホルダーとmicroUSBの電源を

用意すれば簡単なドライブレコーダーとして

使用できます。

f:id:kota_uni:20181007233906j:plain

 

こんな感じですね。

これらの部品を用意しても

総額5000円しないと思うので

普通にドライブレコーダーを買うよりはお手軽に

設置することができます。

 

移動中はドライブレコーダーとして使って、

外出先ではアクションカメラとして使う

というハイブリッドな使用方法ができるのも

魅力ではないでしょうか。

 

 

定点カメラとして

このカメラにはズーム機能はなく、

かなりの広角の映像が撮影できます。

なので定点カメラとして設置して

楽しむこともできるんじゃないでしょうか。

 

実際にキャンプに持って行ってテントの

設営動画みたいなものを撮ってみたんですが

結構おもしろいものが撮れました。

 

家の玄関先に設置して、防犯カメラみたいに

使用するのもありかもしれません。

 

 

料理動画なんかにも使える

CT-7000には専用の防水ケースが

付属しています。

 

つまり防水ケースが水で濡れたり

何かかかって汚れたりしても

本体やレンズにはなにも影響がありません。

 

なので、油跳ねするような料理の映像を

撮るときも、汚れとか気にせずに

グンと寄って撮影することができます。

 

f:id:kota_uni:20181007234810j:plain

バーベキューガチ勢の友人に誘われて行ってきた

バーベキューで、子豚の丸焼きが出てきたので

CT-7000で撮影した画像がこちらです。

 

この画像を撮るために、

 

 

f:id:kota_uni:20181007235006j:plain

これだけカメラを近づけて撮影しています。

多分もっと近づけて撮影してもいけると思います。

 

ていうか本体価格が安いから熱とかもあんまり

気にせずガンガン使えます(笑)

 

 

トイカメラとして

 動画撮影のイメージが強い

アクションカメラですが、

静止画ももちろん撮れます。

 

男性ならズボンのポケットに余裕で

おさまる本体の大きさなので、

 

さっと取り出して撮影するのにも

向いています。

 

重ね重ね言いますが、多少ぞんざいに

扱っても安いのであまり気になりません。

ガンガン使って使い倒したほうが

いいと思います。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

防水ケース付きのアクションカメラCT-7000は

天候や場所に左右されず思い切り使うことのできる

カメラです。購入する前はバンジージャンプ以外に

使い道あるのかなぁと懐疑的でしたが、

今はマラソンや自転車、キャンプなど、

いろんな使い道があるなと感じています。

 

CT-7000は気楽に使うことができて、

必要十分な機能は備えているコスパのいい

アクションカメラです。

壊れてもあきらめがつくような値段なので、

GoProを購入する前にお試しで使ってみて、

アクションカメラ楽しい!ってなったら

改めてGoProを購入するのもいいの

ではないでしょうか。

 

 

 

それではー。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました